英国の通貨ポンドの為替契約

日本の通貨です円と英国の通貨ですポンドは、外国為替マーケットにおいて直接の転売が行なわれない通貨ペアだ。ポンドと円の為替取引をする場合には、手拭い転売といって間に米ドルを噛ませます。円を売ってポンドを買うことを例にしますと、円売り・米国ドル買いの転売と、米国ドル売り・ポンド買いの転売を同時に行ないます。米ドルやユーロと比べると英ポンドの通貨転売はかなり短いのも事実です。とにかく流動性に欠けるといえるでしょう。ポンドは利率が案外良いために目線にとまり易い通貨ではありますが、通貨の流動性が低ために非常にボラティリティがおっきいという魅力があります。乱高下が耐え難いポンドは、米国ドルやユーロといった通貨よりも取り引き的乱高下をします。乱高下が強いわけですので、ポンドを取引きする時折注意が必要です。具体的には、レバレッジは低くしておいた方がいいでしょう。昨今英ポンドの対円比はサブプライムショックとリーマン打撃という2つの経済リスキーによってすごく下落してしまいました。一方で、ヨーロッパ負債リスキーについては、ユーロに加盟していない英国はダイレクト影響を受けませんでした。欧州諸国に輸出をしている関係で全然影響を受けずにすむというわけではないようです。ユーロ圏諸国の環境が迷走すれば、英国も無傷では済みません。そうなれば、またポンドの為替比が下落する希望はあり注意すべきだ。イギリスポンドは利率の高さが魅力ですが、転売きがちょっと苦しい顔も持っています。そういった場所を正しく知っておきましょう。