住宅ローンを組んで家を購入する場合

住宅ローンを組んで家を購入する場合、まずは金利などを計算しなければなりません。きちんと全額支払うためにも、年収のうちどのくらいを支払いに回せるか、月々の返済負担がいくらになるかは大事なところです。

もしも買うものが住宅でなく分譲マンションだった場合も、気をつけたい点はありますが住宅ローンが使えます。分譲マンションや住居を高に結うするに際して、大抵の住宅会社は変動金利で住宅ローンを組み、その試算書を艇種してきます。

変動金利は、固定金利より金利が低い傾向があるためです。変動金利で計算した方が、計算上は支払金額が少なくできるためです。この程度の負担ならば家賃の支払い同程度だから大丈夫だろうと、安易に考えてしまいがちです。

現在の金利がずっと続いたらという前提で計算をすれば、金額は低くなります。変動金利というものはローン利用者が金利変動のリスクを背負う代わりに現在のローン金利が安くなっているものです。

逆に、金利があがっても今の金利を据え置く代わりに、現時点での金利を高くするのが固定金利です。日本の金利がこれからどうなっていくのか、わかる人はいません。

これから金利がどう変わるかわからないのに、現在の金利のままで計算をするのが変動金利プランの注意点です。

家の購入に踏み切ろうという時に、落ちついてものを考えることは困難です。どんな条件で住宅ローン融資を受けるかは、住宅会社のつくった計算書だけを決めるのはリスクがあります。